夏から冬の花粉飛散状況(6月〜1月)

今シーズンの夏から冬の花粉飛散状況

花粉飛散の概況(2021年9月12日現在)

 キク科ブタクサ属を県下全ての観測点で検出しました。
 ブタクサ属の花粉飛散数(個/㎠/週)は、宝塚(0→2.5)、龍野(0→1.2)、洲本(0→1.9)健科研(0→0.3)、豊岡では先週よりも大幅に増加(160.8→256.2)しています。
 キク科ヨモギ属は宝塚、健科研でシーズン初めての検出となり、洲本以外の観測点で検出されました。ブタクサ属、ヨモギ属の花粉症の方は、草むらなどに近づかないようにしてください。
 健康科学研究所のホームページにブタクサ属及びヨモギ属の写真を掲載しています。
「花粉情報」「教えて!花粉の種類」をご覧ください。