県民の健康を守るための試験検査や調査研究をしています。

兵庫県立健康生活科学研究所 健康科学研究センター

兵庫県立健康生活科学研究所 健康科学研究センター

  • 文字
    サイズ
  • 標準
  • 特大

試験検査

試験検査

試験検査

担当 試験検査業務 概要



結核菌の同定試験及び結核の感染源調査 結核予防事業の一環として、県内で分離された結核菌の同定及び分子疫学的手法による感染源調査を実施する。
血液検査による集団結核菌感染の早期診断 結核菌集団感染事例や濃厚接触者について、発生予防や拡大防止のためにクオンティフェロンTBゴールド検査を実施する。
腸管出血性大腸菌感染症に係る依頼検査 腸管出血性大腸菌O157などの細菌感染症や食中毒の集団発生に際して、病原体の検索や同定を行い、毒素や血清型別さらに遺伝子検査によって病原性を確認するとともに、分子疫学的手法によって感染源や感染経路を解明して、さらなる感染拡大予防に役立てる。
細菌による食中毒(疑)事例の感染源、感染経路調査
食中毒(疑)発生時のクドア(ヒラメ寄生虫)の検査 ヒラメの喫食後に発生した食中毒(疑)(一過性の嘔吐下痢症)の原因を明らかにするため、入手できたヒラメ残品及び患者便について、寄生虫Kudoa septempunctataの検査を実施する。
輸入ナチュラルチーズのリステリア菌の検査 食品衛生対策の一環として、市場に流通している輸入食品の検査を実施する。
その他の細菌の依頼検査 感染症発生届が出された患者から分離された菌株について、遺伝子解析や血清型別等を実施する。また、感染症疑い患者の臨床検体や分離された菌株から菌種の同定を行う。
インフルエンザ集団感染事例等におけるインフルエンザウイルス検査 インフルエンザ感染を疑う重症呼吸器疾患患者や発生集団について、原因ウイルスの遺伝子検査等を実施し、流行状況を把握する。
感染症発生動向調査におけるインフルエンザウイルス検査
新型インフルエンザウイルス系統調査・保存事業(厚生労働省への協力事業) 新型インフルエンザウイルスの出現が予測されるウイルス株のうち、ワクチン製造や検査キット等の作製に必要な株を事前に収集し、迅速なワクチンの生産や検査キットの供給を可能にすることを目的として、トリのインフルエンザウイルスの分離を行う。
新型インフルエンザウイルスの出現監視を目的とした感染源調査(厚生労働省感染症流行予測調査) 新型インフルエンザウイルスの出現を調べるために、ブタ血清中のインフルエンザ抗体や鼻腔のスワブからウイルス分離を行う。
日本脳炎感染源調査(厚生労働省感染症流行予測調査) 日本脳炎の発生を未然に予測し、その予防対策を効果的に行うため、日本脳炎ウイルスに感染するブタの血清抗体価を調査し、ウイルスの流布状況を調べる。
デングウイルスの検査 蚊が媒介する感染症の流行地域に渡航歴があり、発熱、発疹等の症状を呈した患者や、渡航歴がなくても国内感染が疑われる患者を対象に、原因となるウイルスの遺伝子検査を実施する。
チクングニアウイルスの検査
ジカウイルスの検査
麻しんウイルスの検査 麻しんの排除状態を維持するためウイルス株の監視を目的として、麻しんウイルスの遺伝子検査とウイルス分離を実施する。
風しんウイルスの検査 風しんの排除計画に基づき、流行実態を把握するため、風しんウイルスの遺伝子検査を実施する。
急性脳炎・脳症等の実態把握調査 原因不明の急性脳炎・脳症の実態解明のため、ウイルスを中心に病原体検索を実施する。
ウイルスによる集団嘔吐下痢症及び食中毒(疑)事例の感染源、感染経路調査 ウイルスによる食中毒や集団感染が疑われる事例において、原因病原体やその感染ルートを解明するため、ノロウイルスを主体にした検査を実施する。
市販生食用かきのノロウイルス検査 市販生食用かきのノロウイルスによる衛生上の危害を防止するため、遺伝子検査を実施する。
A型肝炎ウイルスの検査 肝炎ウイルスの感染を疑う患者について、ウイルスの遺伝子検査を実施する。
HIVのスクリーニング検査及び確認検査 エイズ蔓延を防止するために健康福祉事務所(保健所)で行うスクリーニング検査が陽性となった検体の確認検査を実施する。
重症熱性血小板減少症候群(SFTS)ウイルスの検査 重症熱性血小板減少症候群を疑う患者について、ウイルスの遺伝子検査を実施する。
日本紅斑熱及びツツガムシ病リケッチアの検査 ダニが媒介する感染症について、感染症法に基づく患者発生報告に必要な抗体検査や遺伝子検査を実施する。
感染症発生動向調査における病原体検査(インフルエンザウイルスを除く) 感染症の原因となる病原体の県内の流行状況を把握するため、小児科病原体定点医療機関で採取された患者検体について病原体検索を行う。
感染症発生動向調査週報患者情報分析 基幹地方感染症情報センターとして、政令市を含む県下の医療機関からの感染症患者情報を分析し、病原体情報と併せて週報・月報等を発行して、健康福祉事務所・保健所、市町、医師会、医療機関等に還元するとともに、ホームページに掲載して広く県民に公開している。
感染症発生動向調査月報患者情報分析
感染症発生動向調査年報患者情報分析
インフルエンザ情報センター インフルエンザに関する情報を一元的に管理提供するため、学校サーベイランス、医療機関情報及び広域・救急医療情報の3つのシステムのポータルサイトを感染症情報センターホームページ上に設け、感染症発生動向調査情報との一体的な情報提供を図っている。